埼玉県越谷市のけやき建築設計は、役割の違う2人の建築士が、伝統的な技術を生かし、本物の素材と職人の手づくりによる快適な現代木造住宅を提供します。

設計事例

伝統工法 × 最新設備 = 「けやき建築がつくる家」  伝統工法 × 最新設備 = 「けやき建築がつくる家」  

けやき建築設計では、現代生活に合わせたこだわりの民家をご提案します。
ひと言で「民家」といっても千差万別ですが、我々が提案する民家は本物の素材と職人の手づくりによる、木組の家です。
これまでの「暗い」「寒い」「汚い」イメージだった民家を一新し、美しく洗練された、モダンな印象かつ新しい設備システムを兼ね備えた、「現代民家」を目指しています。
「快適」「安全」「長持ち」で「ハイセンス」な住まいをお届けします。

2人の建築士

役割の違う2人の一級建築士が1つの家を一緒に作り上げます。

畔上 喜平(あぜがみ よしひら)

畔上 喜平(あぜがみ よしひら)

主に住環境計画・設備設計を担当しております。
建築は安全・快適かつ経済的でなければなりません。これらを発揮させるためには意匠・構造・設備のバランスを保ち、かつ地球環境や省エネルギーに配慮した設計が必要だと考えております。個人のお客様の為に、今まで蓄えてきた知識と経験を活かすことができれば本望です。

資格 一級建築士、建築設備士、一級管工事施工管理技士、建築設備検査資格者
経歴 1944年 新潟県高田市出身
1963年 埼玉県立春日部高等学校卒業
1967年 工学院大学工学部建築学科卒業
1967年 山下寿郎設計事務所(現(株)山下設計)に入社 設備設計・監理に従事
2005年 同社退職
2005年 けやき建築設計設立
主な仕事 『NHK放送センター』、『NHK広島放送センタービル』、『NHK千代田放送会館』、『富士通川崎工場』、『亀田製菓本社』、『ニコン相模原工場』、『甲府市総合市民会館』、『都留市民病院』、『東京消防庁消防学校』、『加茂市庁舎』、『新潟厚生年金スポーツセンター』、『仙台サンプラザ』、『富山勤労者総合福祉センター』など多数設計担当
著書 「建築の設備入門」共著(彰国社)
畔上 順平(あぜがみ じゅんぺい)

畔上 順平(あぜがみ じゅんぺい)

主に意匠設計・構造計画を担当しております。
経済成長の時代から環境維持の時代を迎えています。今こそ日本に古くから残る木造建築を学び、その技術や考え方を現代の木造住宅に活かすことが、最も重要だと考えております。プレハブ化された住宅が増えていく中、本質的な木造住宅を追求し続けていきます。

資格 一級建築士 芝浦工業大学非常勤講師
既存住宅現況検査技術者
経歴 1976年 埼玉県越谷市出身
1995年 私立成城高等学校卒業
2001年 芝浦工業大学大学院建設工学専攻卒業
2001年 (有)松井郁夫建築設計事務所入所 木造住宅の設計・監理に従事
2004年 同社退社
2005年 けやき建築設計設立



 
 
| リンク |
 
一級建築士事務所 株式会社 けやき建築設計  〒343-0023 埼玉県越谷市東越谷1-8-12  電話番号 048-966-2268
 
Copyrightc 2011 Keyaki-KenchikuSekkei. All Rights Reserved.