けやき建築設計は性能をアップさせながらの大規模リノベーションの古民家を紹介します。

けやき建築の設計事例

湖北の民家

湖北の民家photo(c)KAWABE Akinobu

けやき建築の湖北の民家 けやき建築の湖北の民家 けやき建築の湖北の民家 けやき建築の湖北の民家 けやき建築の湖北の民家 けやき建築の湖北の民家
けやき建築の湖北の民家 けやき建築の湖北の民家 けやき建築の湖北の民家 けやき建築の湖北の民家

前に住んでいた家のようなつくりにしたい。
これほどシンプルかつダイレクトな条件は初めてでした。千葉県我孫子市の旧街道沿いに佇んでいた以前の民家は、80年程経って、建物の寿命を迎えました。
当時の建物は基礎がなく、壁は小舞土壁でいわゆる石場建ての民家でした。
「こういったつくり方であれば、最低80年はもつことが実証された。今の技術で同じものをつくれば、もっと長持ちするはず。」と伝統建築の実績評価から新たな家づくりがスタートしました。
「石場建て」とは基礎コンクリートがなく、地面に置いてある石の上にただ建物が乗っているだけの状態をいいます。現在の法律ではスムーズには通すことが出来なくなりましたが、ある一定の基準がクリアーされれば、今でも建てることができます。最大の特徴は足元が固定されていないことで、地震時にも力を逃がせること。メンテナンスしやすく補修もしやすいことです。
また、地面と建物は柱だけで接触しているため、お風呂もトイレも空中に浮いています(梁に引っ掛けています)
床下を覗くと、床裏が見え、設備の配線や配管も見えます。異変があった場合も気が付きやすく、空気の流れも良いので床下が湿っぽくなることもありません。床下の換気は抜群です。
室内の居室は全て畳敷きになっています。居室の周囲には縁側が囲み、部屋と外部の干渉空間となっています。一見ただの昔の家のように思えますが、現代の日本人が忘れてしまった、自然と共生する住まいを問い直す家づくりが出来たように思います。

所在地
千葉県我孫子市
主要用途
住宅 新築
敷地面積
600.42㎡
建築面積
123.29㎡
延床面積
118.34㎡
構造/工法
木造伝統構法
規模
地上1階 新築
竣工
2010年8月
施工者
(有)古民家工房

けやき建築の全ての設計事例を見る

 
 
| リンク |
 
一級建築士事務所 株式会社 けやき建築設計  〒343-0023 埼玉県越谷市東越谷1-8-12  電話番号 048-966-2268
 
Copyrightc 2011 Keyaki-KenchikuSekkei. All Rights Reserved.