けやき建築設計は性能をアップさせながらの大規模リノベーションの古民家を紹介します。

けやき建築の設計事例

川口の石場建て家

けやき川口の石場建て家photo(c)Takaji Ayabe

けやき建築の川口の石場建て家 けやき建築の川口の石場建て家 けやき建築の川口の石場建て家 けやき建築の川口の石場建て家 けやき建築の川口の石場建て家 けやき建築の川口の石場建て家
けやき建築の川口の石場建て家 けやき建築の川口の石場建て家 けやき建築の川口の石場建て家 けやき建築の川口の石場建て家 けやき建築の川口の石場建て家 けやき建築の川口の石場建て家

この地域にはかつて石場建ての住宅が建ち並んでいました。
「石場建ての住宅」とは、コンクリートの基礎が無く、地面の上に置いた石の上に直接柱が乗った、昔ながらの家づくりの手法です。
石場建ての家には、現代のコンクリートに乗った建物とは違った良さがあります。建主さんはその良さをこれからの住まいにも活かしたいと考え、現代版の石場建て住宅をご希望されました。
伝統的な家づくり、特に石場建て住宅になると構造的、特に組み立て方を最優先に考えなければなりません。
それでも、間取りと構造を一緒に考えていくことで、両方を満足する計画を提案することができました。
また風水学にもこだわりのあった建主さんのご希望に沿うように、鬼門線や配置も考慮しました。
1階には居間、食堂をワンルーム的に計画し、他は玄関と水廻りと収納です。
2階は1階よりも一回り小さな空間の個室になっています。
狭い空間を立体的に広く見せる為に、構造の梁を登梁(のぼりばり)という斜め掛けにした梁として、全体を吹抜にしています。
壁は基本的に荒壁土で耐力を取り、内部の仕上には漆喰や仕上土を使用しています。
外部は杉の無垢板です。
外部の板壁は一昔前までは一般的な仕上として利用されてきましたが、今では防火上の問題で、特に首都圏では簡単には使えなくなりました。
ただ、今回のように土壁を使用することで、無垢板を外壁に使用することが出来ます。
土の防火性能を考慮したルールのひとつです。
伝統的な手法や材料が違ったカタチで評価され改めて見直されはじめています。
ここに現代版の石場建て住宅が完成いたしました。

所在地
埼玉県川口市
主要用途
住宅
延床面積
92.54m2
構造/工法
木造伝統構法
施工
有限会社 綾部工務店
竣工
2011年

けやき建築の全ての設計事例を見る

 
 
| リンク |
 
一級建築士事務所 株式会社 けやき建築設計  〒343-0023 埼玉県越谷市東越谷1-8-12  電話番号 048-966-2268
 
Copyrightc 2011 Keyaki-KenchikuSekkei. All Rights Reserved.